おまとめローンの一覧

おまとめローンの一覧

おまとめローンnet
 おまとめローン.netは、消費者金融、銀行、ローン会社、クレジット会社のおまとめローン、借り換え一本化を紹介。今ある複数の借金まとめて月々負担を軽減、借金完済まで月々のゆとりの返済が可能です。

おまとめローンの掲載数:6

ZETTAキャッシング
 

 

 
おまとめローンnet

おまとめローンnetは、おまとめローン、借り換え一本化を紹介。

おまとめローンについて

おまとめローンnetとは?

 おまとめローン.netは、 消費者金融、銀行、クレジット会社のおまとめローン借り換えローン一本化を紹介。今ある複数の借金まとめて月々負担を軽減、借金完済まで月々のゆとりの返済が可能です。 おまとめ借り換え専用のおまとめローン掲載サイトです。
 

おまとめローンとは?

 おまとめローン(借り換え一本化)は、下記のような方にオススメです。このような方には、「おまとめローン」や「借り換え一本化」が最適です。

 1. 数社から複数のローンがあり支払いが面倒
 2. 月々の借り入れ金利もっと安くしたい方
 3. フリーローンのため高い金利でお困りの方
 4. 借り換えを希望したが他の金融機関で断わられた方
 5. 毎月の返済額が多く、元金が減っていかない方

 

おまとめローンのメリットは?

 1. 毎月のお支払い金額が少なくなる
 2. 毎月のお支払いが1回になる
 3. 振込手数料も1回ですむ
 4. 月々の返済の予定が組みやすい
 5. 月々の返済金額をコントロールできる

 多重債務に至るには様々な経緯があると思われます。ただ、この借金にはあるパターンがあって「借りやすいところから借りる」方が多いように思います。色々な融資の中で、1番手軽なのはクレジットカードに付帯しているキャッシングではないでしょうか。カード毎に一定の融資枠が設定されているキャッシングなら改めて融資を申し込む必要がなく、利用可能なATMであれば銀行のキャッシュカード同様の操作で簡単に現金を手に入れる事が出来ます。ただ、最初は必要に迫られての最小限のキャッシング利用だったのが、あまりに簡単に利用出来る為に頻繁に利用しがちになるのがこのキャッシングの盲点かも知れないのです。

 このクレジットのキャッシングも額が大きくなれば当然月々の返済額も高額になってきます。時には不意の出費に迫られる事もあります。そうして、毎月の返済に窮する事になれば新たに別の融資に救いを求める事になり、この時点で既に多重債務が始まっているのです。このように複数の金融業者から融資を受けていると、毎月の返済だけでも大変な負担になってきます。貸金業法の改正によって高金利の時代よりも金利が安くなったとは言え、この負担は次第に債務者を苦しめていきます。

 この複数の債務分をまとめて借り換えて融資を一本化するのが「おまとめローン」と呼ばれるものです。このローンのメリットとしては、まず金利を低く設定出来る事が挙げられます。長期間の返済になると、高い金利の負担は債務者の重しになってくるのです。もう一つのメリットとしては、この「おまとめローン」は追加融資が出来ない事です。今迄のように返済して新たに借り入れる事は出来ず、このローンを利用すると住宅ローンと同様に返済だけなのです。金利が安くなり返済先が一つになる事でも債務者に取ってメリットですが、返済を月々履行する事で確実に完済に近づいていけるのです。

 複数の返済に困窮した債務者に取って「おまとめローン」は救済のように思われています。でも、そうではありません。大袈裟かも知れませんが、このローンは敗者復活戦なのです。今までより返済が楽になった分、絶対に債務不履行は出来ないのが「おまとめローン」なのです。

 

おまとめローンのデメリットは?

 1.借金返済が長期化してしまう
 2.基本的にそれ以上のキャッシングはできなくなる

 多重に膨れ上がった債務を一本化して有利な返済を実現出来るのが「おまとめローン」ですが、このローンを逆手に利用する悪質業者があります。複数の金融業者から融資を受けている債務者にとって、毎月の幾つかの返済は本当に頭の痛いものです。こうした多重債務を抱えた人にとって、全ての借金を低い金利で一本化出来るおまとめローンは正に救世主のようなものなのです。ところが、このような債務者の弱みに付け込んで更に暴利を搾取しようとする悪徳業者が少なくないのです。

 ある悪徳業者の手口を紹介します。融資を申し込んできた債務者に対して、債務者の信用情報を確認する名目で全く別の金融業者に融資の申し込みを指示します。この時の申し込み金額は5〜10万円の比較的少額だと言われています。そして、もし他業者で融資が実行出来たら、その融資額を証拠金として送金を指示するのです。債務者側が送金を実行すると、悪徳業者は証拠金は受け取ったが融資を実行するには保証金として全体の融資額の1〜2割が更に必要だと告げます。元々多額の多重債務に困窮している申込者の債務は数百万円に達しているケースが殆どです。この多重債務を解決する為に融資を申し込んだのに、この段階で保証金の数十万円など用意出来る筈がありません。債務者が融資を断念する旨を告げると、一変悪徳業者は威嚇した口調で「ここまで融資を前提に手間を掛けている。違約金を払え。」と言ってきます。債務者が困っていると金融業者は「では、今回だけは最初の証拠金だけで勘弁してやる。」と告げるのです。

 多額の違約金を覚悟していた債務者は最初の証拠金だけで済んで安堵しますが、実はこの段階で既に詐欺にあっているのです。この業者は最初から融資する積もりなどなく、証拠金を搾取するのが本来の目的なのです。また、他の業者からの融資額はそのまま債務者の債務額に加算されてしまいます。少し考えれば、この業者が悪徳業者である事は一目瞭然です。登録している貸金業者なら融資申込者の個人情報はすぐに照会出来ますし、まともな業者が融資の前に証拠金や保証金を請求する訳がないのです。こうした業者は、連絡先が携帯電話の場合が多いようです。くれぐれも、こうした悪質業者の餌食にならないように債務者側も注意が必要なのです。

 過払い金返還請求をしていない場合は、債務整理を依頼するというのもひとつ。  

 

消費者金融におけるおまとめローン

  一口に消費者金融と言っても色々な業者が存在しています。中には消費者金融の看板を掲げていても今だ悪質な業者がいるのも残念ながら事実で、改正された貸金業法が施行された現在でも完全に是正されていないのです。これは、法を遵守して顧客へのサービスを徹底している優良な消費者金融業者に取って大変迷惑な話なのです。

  消費者金融に限らず、融資を申し込む金融会社に顧客が望むのはまず安心感だと言われています。多重債務と言うと、まず消費者金融での債務を想像しますが、大手の消費者金融では適正な審査を経て低金利の融資を実行しているところがあります。高金利の債務を、こう言った優良な消費者金融で借り換える事も場合によっては有効な手段と言えるでしょう。金融再編に伴って、大手銀行が消費者金融を傘下においたりグループ企業として新しく設立するケースがありますが、傘下に入った消費者金融側とすれば信用度がアップするメリットがあるのです。

 アコムは、従来の消費者金融の融資額は最大で100万円程度に設定されていましたが、現在の銀行系の消費者金融は利用者の状況によって融資可能額は最大で500万円になっています。また、一番安い金利適用だと4.7〜18.0%程度が用意されているのです。この条件だと、高金利の複数他社のローンをまとめて一本化する事が十分可能になってきます。元々消費者に特化したローンを扱っていたので迅速な対応には定評があり、蓄積したノウハウと銀行をバックボーンにした信用力で巻き返しを図っているのが銀行系の消費者金融会社なのです。

 

利用限度額が大きなカードローンでおまとめ一本化

 近年のカードローンは様々な特徴や機能が盛り込まれるようになりました。中でもローン利用者のマネーバランスやライフプランを崩さぬようにした特徴のあるカードローンなどはかつてのものとは全く異なるものです。例えば、利用限度額が大きなカードローンでは債務の一本化が可能となったものもあります。

 かつて、多重債務の問題が社会問題になった時期がありました。複数の借り入れが経済的な足かせとなり、マネーバランスを崩す人があまりにも多く出てしまい、社会問題にまで発展してしまったことがありました。現在でも多重債務の問題はなくなっていませんが、カードローンの中でも資金使途が自由なものに関しては、債務の一本化に活用するというのは有効的です。

 債務の一本化には複数のメリットがありますが、管理がしやすいことが一番ではないでしょうか。複数の債務があると、返済日や引き落とし日にその都度預金口座を確認したり、ATMまで出向かなければならなかったりと、とても手間になってしまいます。

 また、債務を一本化する際に金利が安いカードローンに借り換えることによって、返済にかかる総支払額も節約できます。そして何よりも、精神的な安定感を得られるというのが一番のメリットです。借金が複数あるのと一つだけに絞られているというのでは、意識の持ち方がまるで異なります。

 このように現状のマネーバランスを整えるためにも債務を一本化できるカードローンを選択肢に一つです。

 

救済ではないおまとめローンによる一本化

 おまとめローンは、金利の高い複数の債務を抱える多重債務者に取って、金利が安くなって借金が一体化できる「おまとめローン」は何より有り難いものですが、既存の借入れ業者に完済するのが前提の借り換えローンは追加融資が出来ない商品が大半です。複数の返済に苦しんでいた債務者にすれば、借り換えローンが契約出来た時点では月々必ず返済して債務を減らす決意だった筈です。

 しかし、あるリサーチによると「おまとめローン」を利用した債務者の中には、返済が進む内に再び他の金融業者から借金を重ねる人が少なくないと伝えています。その使用目的は不明ですが、これではせっかく「おまとめローン」を利用しても意味がありません。債務者の借金には様々な事情があると思いますが、残債が減るに伴って再び他社から融資を受ける状況を察すると生活上でどうしても必要なお金とは思えないのです。固い決意で債務を一本化したのは、何の為だったのでしょうか。

 こうして再び自ら多重債務を作り出していく人達の末路は明らかです。政府はバブル崩壊以降の多重債務者問題や消費者金融問題を解決する為に、新たな貸金業法を施行しています。そこに盛り込まれた幾つかの厳しい法規制は、業者保護と言うより利用者保護の色合いが強いのです。あの当時と同じ悲劇を繰り返さない為に、利用者には自覚が求められています。多重債務の一本化は、何度でも使える救済ではないのです。

 

借金は賢く解決

 借金と言うものは考えようによっては本当に便利なものです。手元に使えるお金がない、今日払わなければいけない支払いがあるが現金が不足している、急に冠婚葬祭が入って予定外の出費が出来た、等々様々な理由で急遽現金が必要になるケースがあります。そんな時に、ある程度の金額をキャッシング出来るカードがあれば本当に助かります。

 初めてキャッシングを利用された方は、こんな状況だったのではないでしょうか。お金の管理がしっかりしてる方なら必要最低限のお金を借りて、返済出来る状態になればすぐに返済してしまいます。ところが消費者金融のカードやクレジットカードにはキャッシングの融資枠が付いています。多重債務者の中には「融資枠も自分のお金のように錯覚してしまった。」と振り返る方がいます。それほど、気軽にATMで現金を手に出来るキャッシングは魅力的なのです。

 消費者金融やクレジットの利用で多重債務者になる人は何年も掛かって多重債務に陥る訳ではありません。経緯は省略しますが、本当に短期間で複数の債務を抱える事態になってしまう方が多いのです。このキャッシングは、本当に必要な時に必要な額だけ利用して早目に返済してしまう方と、複数のカードをいつも限度額一杯まで利用している方がいます。言ってみれば、借りたお金は早く返済したい人と、出来ればもっと融資して欲しい人のステレオ化です。

 人生には必要な借金があると言われています。それは住宅ローンと自動車ローン、それに教育ローンです。これ以外の現金を借りるキャッシングには常に危険が潜んでいると言われているのです。この項目のタイトルは「賢く解決」ですが、多額の債務に至る前の最初の利用方法にヒントがあるのかも知れません。ある消費者金融のセールスコピーに「賢く借りて賢く返そう」と言うのがありました。つけ加えるなら、「どうしても必要な時に必要最低限だけを借りて、可能な限り早く返済しよう」になるのでしょうか。逆の発想をすれば、余計な借金をしなければ金利分は自分のお金になり、返済に息詰まった時の憂鬱な気分を味わなくても済むのです。借金に利用されるのではなく、借金は上手く利用したいものです。もし、多重債務に陥ってしまったら解決策としてはそれ以上債務を増やさない事です。そして、債務が小さくなるまでは余計な出費は控えて頑張って返済していきましょう。どうしても金策が必要であれば、可能な限り早目に動いて切羽詰まった状況を作らないようにするのです。借金を賢く解決するには、それしかないのです。

 

債務整理前のおまとめローン

  債務整理を行うためにローンを利用した業者に相談を持ちかけたり、あるいは弁護士や司法書士に相談を持ちかけたりする前に、ひとつ、状況を少しでも良くできるかもしれない方法があります。それが「おまとめローン」を利用する方法です。あるいは単に、借換をする、と言い換えてもよいでしょう。要するに、より金利の低いローンのほうに今自分が抱えているローンを移動させるということです。

 ポイントとしては、世の多くの貸金業者では、借換・おまとめ専用のローン商品を取りそろえているということです。これはつまり、ただ普通に、他社のローン商品に申し込んで、そのお金で借換をするという方法に比べて、金利を低く設定してもらえる可能性が高まる、ということです。

 貸金業者からしてみれば、たとえ、通常のローン商品に比べて低利設定にするとしても、その相手顧客が、こちらにローンを借り換えてくれさえすれば、顧客が一人増えて、金利収入をゲットできるわけです。もちろん、債務不履行のリスクはありますから、一概に金利が低く設定されるとは言いがたいですが、それでも相談してみるに超したことはありません。

 債務が膨らんだときの重みは、なんと言っても金利です。一番人を無気力にさせるのが、この金利部分への支払いであり、一向に減らない元金が、借金返済へのモチベーションを挫いてしまいます。ローンの金利というのは、 貸金業者各社違います。おまとめローン等の金利をチェックしてみましょう。

 

消費者金融

 

各種情報サイト一覧

債務整理

債務整理110番
債務整理110番は、借金返済と債務整理の総合情報サイト。任意整理、個人民事再生、特定調停、自己破産、過払い金請求など借金返済相談できる弁護士と司法書士の法律事務所を地域別に検索可能です。

キャッシング・ローン

ZETTAキャッシング
全国各地にある貸金業の一覧サイト。日本貸金業協会、日本事業者金融協会に登録のある貸金業を市区町村別に一覧化し、貸金業登録番号を掲載しております。
消費者金融net
消費者金融会社.netでは、全国47都道府県にある消費者金融の情報が検索可能。大手、銀行系、外資系、クレジットカード系、IT系の消費者金融会社を徹底網羅。
銀行ローンNAVI
都市銀行、地方銀行、信託銀行、ネット銀行など各銀行が提供している各種ローンの情報サイト。
ソーシャルレンディング完全ガイド
ソーシャルレンディング国内大手のマネオ(maneo)などのソーシャルレンディングサービス、p2p金融、PtoP金融などの個人間融資などを紹介。
事業融資.jp
中小企業経営者・個人事業主を対象としたビジネスローン、事業融資、事業資金、開業資金、運転資金、商工ローン、不動産担保ローン、事業者向けローン等の情報を会社別に一覧して厳選紹介。
不動産担保ローン比較ドットコム
不動産担保ローン・不動産担保融資のローン会社29社を比較する情報ポータルサイトです。
手形割引ドットコム
手形割引業者の一覧・比較サイトです。手形割引業者各社の手形割引対象、取引可能金額、割引レート、手数料、対応可能地域、企業情報、所在地地図など。
債権回収jp
債権回収会社jpは、債権回収会社(サービサー)の検索サイト。法務省が債権管理回収業の営業を許可した会社を一覧化。債権回収会社(サービサー)の設立年月、事業内容、所在地、資本金、代表者名、従業員数、主な株主構成、電話番号、FAX番号、許可・登録などの企業情報。
クラウドファンディングjp
クラウドファンディングの情報をはじめ、サービス提供会社の得意ジャンル、サービス開始年月、資金決済方法(ペイパル・銀行振込・クレジットカードなど)、サイト利用手数料、プロジェクトなど。
 
 
 

債務整理110番

 

おまとめローン一覧

消費者金融

モビット
プロミス
ご融資どっとこむ
キャレント
中央リテール

銀行

楽天銀行
 

 

 

おまとめローン関連項目

債務一本化

多重債務
銀行参入
返済計画

審査

申し込み先
申し込み時期
手順・方法
ポイント・注意点
総量規制
年収証明
信用情報
与信

トラブル回避

連帯保証人
借入金の延滞
借金返済の計画性

おまとめローン返済

限度額の元金返済
おまとめローン返済完了と解約
 

中央リテール株式会社 

 
 

 

 
おまとめローンnetについて
・おまとめローンnetは、おまとめローンの提供を目的としています。おまとめローンのご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ZETTA SEGMENT

おまとめローンnet

おまとめローン.netは、消費者金融、銀行、ローン会社、クレジット会社のおまとめローン、借り換え一本化を紹介。今ある複数の借金まとめて月々負担を軽減、借金完済まで月々のゆとりの返済が可能です。
運営組織概要 免責事項 リンク
 
ヤミ金net
ヤミ金netは、日本貸金業協会と財務局が発表している借りてはいけないヤミ金業者いわゆるヤミ金(闇金)の一覧をはじめ、ヤミ金問題の解決や相談先となる弁護士や司法書士の事務所一覧。

Copyright (C) 2009-2014 おまとめローンnet All rights reserved.